相談事例

人生のフェーズにおいて様々なお金に関する不安が生まれます。

■結婚〜家族形成期 (主として20歳後半〜30歳代)

・・・2人期及び子どもが小さい時期が貯蓄のチャンス
①家計管理(共働きの場合、夫のみ勤務の場合)、貯蓄計画
 住宅頭金や教育資金の積立て
②住宅取得
 住宅選び(新築・中古)、資金計画、住宅ローンの借り過ぎと金利リスクに要注意
③保険の加入、見直し
 子どもが生まれたときが本格見直しのチャンス。(死亡保障・収入保障)必要保障額の把握
④資産運用

■家族成長期(主として40歳代)

・・・教育費、住宅ローン返済と家計の負担が最も重くなる時期
①家計管理の強化
 家計の見直し(使途不明金の把握と退治)、支出項目の現金袋管理
②住宅ロ-ンの繰上げ返済、借換え、ローン完済時期の目安
③子どもの教育計画の明確化
 進路計画、親(祖父母を含む)の負担範囲の検討(教育費贈与)、不足資金対策
④老後資金計画のスタート、積立て・資産運用
⑤保険の見直し

■家族円熟期(主として50歳代)

・・・子どもが社会人となり、老後資金をためる最後のチャンス
①リタイア後の生涯生活設計
 リタイア後ライフデザインの明確化、リタイア後のライフイベントの目安
 年金額の確認と収支計画、負債の整理、老後必要資金の把握(介護資金の備えも含む)、保険の見直し、個人年金計画
②資産運用
③相続対策
 小規模宅地等特例対策、賃貸住宅を建てる(アパートローン)、生前贈与計画(非課税:住宅取得、教育資金、暦年贈与)
 争族にならない為にも早めの準備、相続対策での生命保険、税制改正への備え
④心身の健康への不安対策

ページの先頭へ