リタイア後の生活を考える

●老後の生活はいくらかかるか?
●年金だけでは生活できない?そもそも年金はいくらもらえるの?
●もし介護状態になったら?

リタイア後はお金と健康に関する不安がいっぱい

「生きがい」について考えるのもリタイア前後です。生きがいはお金と健康の上に存在します。
生きがいは人それぞれ
仕事が生きがいであったり、家族が生きがいであったり、趣味、ボランティア活動など様々です。


リタイア後の計画はリタイア10年前、一般には50歳頃から考え始めましょう

まず、現状を分析して知ることから始めます。

●リタイア時にいくら確保できるか
●その時 住宅ローンの残債はいくらあるのか
●リタイア後にはいくら必要か
●住まいの修繕、リフォームにいくらかかるか

公的年金のしくみを知ること
 基礎年金、厚生年金、共済年金、遺族年金、障害年金、いろいろあります。

介護保険制度の仕組みを知ること
 公的な介護施設は


退職金を少しでも有利に、しかも安全に運用しましょう。

リタイア後の資産運用のポイントは

●運用の目的を明確にする
●どんなリスクがあるのかを知る
●運用の期間を決める

リタイア後は現役時代と違い、全て自分でしなければなりません。自分で調べ、自己責任で対応する。
KFPは皆様の不安を解消するためのお手伝いをさせていただきます。


お問合せ
ページの先頭へ