家庭経済の耳寄り情報

  • 居住用超高層建築物(タワマン)に係る課税の見直し

     評価の適正化の観点から、固定資産税等について、居住用超高層建築物(タワマン)の課税の見直しが行われます。 居住用超高層建築物の居住用の専有部分の取得があった場合において、居住用超高層建築物の評価額を専有部分の床面積割合によって按分して得た額に相当する価格の家屋の取得があったものと~

  • シェアリングエコノミーを持続させるために

     近頃急速に台頭してきたシェアリングエコノミーは、資産を提供する側と利用する側の両者にとってメリットがある仕組みであり、一時的な流行現象とせずに正しい理解のもとで長く続けられる仕組みとすることが重要です。


6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
ページの先頭へ