相続を考える

  • 新しい遺産相続対策【民事信託(家族信託)の活用方法】VOL.1

    家族信託は、2007年に施行された改正信託法により高齢者の財産管理や遺産の承継に信託を利用しやすくなり、「新しい遺産相続対策」として近年注目が集まっています。「信託」は大きく分けて、営利を目的とした商事信託と営利目的でない民事信託があります。

  • 相続と贈与とどちらが得か

     相続と贈与とどちらが得でしょうか? 一般的に言えば、相続の方が基礎控除等が大きいので、相続の方が得と思われています。 しかし、賢く贈与を利用すれば贈与の方が節税をすることができます。

  • やりすぎた相続対策で自宅まで売却することに

     相続対策はやりすぎると命取りになりかねません。素人が相続税対策のための賃貸アパート経営をして、本来取られなくてもよかった自宅まで取られてしまった例をご紹介します。 Aさんは、もともと慎重な人で、相続対策をしっかりしていました。

  • 生産緑地の2022年問題について

     ここ3年ほど前から住宅関連雑誌やネットメディアで「生産緑地の2022年問題」という記事を目にすることが多くなりました。2022年に生産緑地が解除されて大量の住宅地が放出され、土地の価格が下落することを懸念する内容です。地価が大暴落するという人もいます。

  • 居住用超高層建築物(タワマン)に係る課税の見直し

     評価の適正化の観点から、固定資産税等について、居住用超高層建築物(タワマン)の課税の見直しが行われます。 居住用超高層建築物の居住用の専有部分の取得があった場合において、居住用超高層建築物の評価額を専有部分の床面積割合によって按分して得た額に相当する価格の家屋の取得があったものと~


1 2 3 4 5 6 7 8 9
ページの先頭へ