保険を見直す

  • 高齢化社会を迎えた今、リスクと備えについて考える

     昨年の平均寿命は男性80.98歳 女性87.14歳(2016年厚生労働省の資料より)と過去最高を更新しています。 高齢化社会が進むと、生活の中でのリスクが増えていきます。健康を維持するために運動や、食事、サプリメントなど様々な方法はありますが

  • シニアに民間医療保険は必要か?

     皆さんは、医療費は健康保険や国民健康保険の公的保険があれば充分だとお考えでしょうか。 健康保険では、高額療養費の給付もあり民間の医療保険は不必要との意見もあります。

  • 就業不能保険

     大きな病気やケガで長期間の入院等で働けなくなったときに、長期にわたって給付金を受け取れるのが「就業不能保険」です。 病気やケガで入院した人のうち、約4人に1人が仕事復帰までに2か月以上かかっています。

  • 遺産分割対策 ~生命保険を活用した相続対策の一つ~

     最高裁判所の「司法統計年報」H26によると、遺産分割事件で最も多いのは「遺産価額が5000万円以下1000万円超 43%で次に多いのは1000万円以下 32%というデータがあります。 財産が多いから揉めるのではなく、少なくても揉めるケースは多いということです。

  • 超過保険とは!

     超過保険とは、契約金額(保険金額)が保険の対象(建物、家財など)の実際の価額(保険価額)を超えていることをいいます。この場合、実際の価額を超えた部分については、利得禁止の原則から保険金の支払いの対象とはなりません。


1 2 3
ページの先頭へ